Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「40 福岡県」の13件の記事

センチメンタル海峡 - 門司港

とうとう門司港まで来てしまいました。あの橋を渡ればそこは本州です。

Img_3351

続きを読む "センチメンタル海峡 - 門司港" »

光と影と幻と - 小倉

想像していたのとは大きく違った。小倉は大都会だった。

Img_3294_2

続きを読む "光と影と幻と - 小倉" »

山のふところに抱かれたのどかな町 - 黒木

黒木は、中世に黒木氏の城下町として起こり、江戸時代には在郷町として発展した

Img_2596

続きを読む "山のふところに抱かれたのどかな町 - 黒木" »

白壁の町

 福岡県八女市福島の町並みへ。

Img_5236

 八女国という名は日本書紀にもその名が見られる古い土地である。邪馬台国の有力な候補地でもある。

続きを読む "白壁の町" »

かえ玉について考える

 博多ラーメンといえば、だれもがすぐに白濁とんこつスープと極細麺のラーメンを思い描くだろう。いまや完全全国区のご当地ラーメンであり、日本全国どこでも、とまでは言えないかもしれないが、ほとんどの地域で食べることができる。しかし博多スタイルそのままで食べさせる店は多くはない。

Img_0167

 博多ラーメンを標榜するなら、テーブルには、紅ショウガ、白ゴマ、辛子高菜などが置かれていて、自分で味を決められるべきである。私は辛子高菜をどばっと入れて食べるのが好みである。
 また、麺は針金のような極細麺で、かえ玉を注文したら即座に提供されるべきである。のびやすい麺なので大盛りなどは論外である。

 ところで、この、かえ玉という方式だけを取り入れた博多ラーメンではないラーメン屋が存在する。太くてゆでるのに時間がかかるのに、大盛りはなくて、かえ玉のみのラーメン屋は許しがたい。かえ玉を頼んでから、残ったスープがどんどん冷めていくのをながめつつ、麺がゆで上がるのを待ち続けるほど苦痛なことはない。いったいなぜ、かえ玉なのか、店主に問い詰めたい気分にさせられる。

 
 

棚田と彼岸花

 浮羽町新川地区は山々に囲まれた地であり、平地は少なく、いたるところに棚田が見られる。

Img_2821

 収穫期のこの時期は彼岸花の季節でもある。新川地区の棚田では畦道に彼岸花が咲き誇っていた。

Img_2838

 新川地区の棚田の中でも最大規模のものが、つづら棚田である。

Img_2835

 棚田100選にも選ばれているこの棚田と彼岸花の風景を求めて、この日は多くの人が訪れていた。

 
 

ふるさとの風景

 福岡県うきは市浮羽町の中心部から隈上川を遡り、合所ダムを過ぎた辺りから周囲の風景は農村地帯となってくる。ダム湖の先の新川地区は新川沿いの谷間に開けた農村である。

Img_2777

 そこからさらに新川を遡ると田篭地区に入る。

Img_2776

 田篭地区の奥地の中村集落まで登っていった。町の風景とは隔絶された、古き良き日本の農村である。

Img_2784

 中村集落の手前の日森園集落には、重要文化財の平川家がある。くど造りという筑後川流域に特徴的な形式の民家である。

Img_2807

 平川家は重要文化財ではあるが、現在も住居として使われており、最近屋根を葺き替えたのか、真新しい茅葺屋根であった。

 
 

白壁土蔵造りの町並み

 福岡県、筑後吉井へ。豊後街道の宿場町として、また筑後川の舟運による物資の集積地として繁栄した町である。

Img_2727

 吉井も何度もの大火を経験して、現在見られるような白壁土蔵造りの町並みになった。現存するものは明治初期の建設が多いそうである。

Img_2722

 豊後街道は現在は国道であるが、その両側に土蔵造りの町並みが残されている。もともと国道にできるような広い街道であったこともあるが、国道建設時にも町並みが取り壊されることもなく現在まで残されている。

Img_2728

 街道を離れて町の中に入ると、水路が張り巡らされている。これらは生活用水でもあり、また、筑後川につながる物資の輸送路でもあった。

Img_2754

 旧松田家と旧籠田家の二軒の土蔵造り民家は、現在は市の所有となっており、無料で内部を公開している。中に入ると御老人が熱心に説明をしてくれた。ホスピタリティの熱い土地のようである。

Img_2749

 観光用の広大な駐車場も無料であった。吉井では、経済活動とは無関係に、町の人々の町並み保存に対する熱意と故郷に対する自負が感じられた。

 
 

山の中の小さな城下町

 福岡県の秋月へ。

Img_2650

 もともとは中世に秋月氏の本拠地として秋月城が築かれたが、江戸時代には福岡藩に組み込まれ、後に秋月藩として福岡藩の支藩となる。

Img_2674

 秋月藩という藩名が、あまり知られていないことからもわかるように、山の中の小さな城下町である。

Img_2683

 秋月街道沿いは商人町である。いくつかの山道が秋月で交わり、秋月は交通の要衝でもあったのだ。

Img_2705

 筑前の小京都と呼ばれる地であり、周囲の景観に溶け込んだ静かで落ち着いた城下町であった。

 
 

田園の朝

 九州初日の朝は目覚めると快晴だった。

Img_2644

 朝日を浴びて稲穂が黄金色に輝いていた。

 
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 北海道 | 02 青森県 | 03 岩手県 | 04 秋田県 | 05 宮城県 | 06 山形県 | 07 福島県 | 08 茨城県 | 09 栃木県 | 10 群馬県 | 11 埼玉県 | 12 東京都 | 13 千葉県 | 14 神奈川県 | 15 新潟県 | 16 長野県 | 17 山梨県 | 18 静岡県 | 19 愛知県 | 20 岐阜県 | 21 三重県 | 22 富山県 | 23 石川県 | 24 福井県 | 25 滋賀県 | 26 京都府 | 27 奈良県 | 28 大阪府 | 29 和歌山県 | 30 兵庫県 | 31 岡山県 | 32 広島県 | 33 鳥取県 | 34 島根県 | 35 山口県 | 36 香川県 | 37 徳島県 | 38 愛媛県 | 39 高知県 | 40 福岡県 | 41 佐賀県 | 42 長崎県 | 43 大分県 | 44 熊本県 | 45 宮崎県 | 46 鹿児島県 | 47 沖縄県 | A. 城下町・陣屋町 | B. 宿場町・街道町 | C. 商人町・在郷町 | D. 産業町・鉱山町 | E. 門前町・寺内町 | F. 港町・漁師町 | G. 農村・山村 | H. 温泉町・観光町 | I. 城跡 | J. 神社・仏閣・宗教施設 | K. 古民家・邸宅 | L. 木造校舎・木造洋館 | M. 祭り | N. 中華街 | O. 現代都市 | P. 廃墟 | Q.遊廓・茶屋街・繁華街 | R. その他の町並み | ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 | ② 奥秩父・大菩薩 | ③ 富士・御坂・都留・道志 | ④ 八ヶ岳 | ⑤ 南アルプス | ⑥ 北アルプス | ⑦ 中央アルプス | ⑧ 上信越 | ⑨ 北関東・尾瀬 | ⑩ 南関東・丹沢 | ⑪ 東北・北海道 | ⑬ 中国・四国・九州 | ⑭ 登山 その他 | カメラ・写真 | ダホン Speed P8 | フィガロ | フェレット | レトロ喫茶 | 夕景・朝景 | 夜景 | 富士山 | 日常 | 東日本大震災 | 生き物 | | 風景 |