Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「カメラ・写真」の13件の記事

田園風景

 以前から、新たな撮影テーマとして田園風景の写真を撮ろうと思い、撮影によさそうな場所もいくつか候補に挙がっているのだが、いかんせん最近は町並み探訪に力を入れすぎているため、なかなか田園を訪れる時間が無い。季節や時間帯、天候で大きく風景が変わるため、どこかできるだけ近くの一ヶ所に決めて、なんども訪れるのが、いい写真をものにする最良の手段である。しかしこれは日本全国様々の場所の町並み探訪とは相容れない撮影スタイルなので、なかなか実行に移せずにいる。

Denen

 まぁ撮りたいものがいろいろあるというのは、カメラを趣味にしている人間にとっては幸せなことなのですけどね。

 
 

EF24-105mm F4L IS USM

 単焦点好きでズームは一本しか持っていないのですが、それが巨大なEF24-70mmF2.8であり、持ち出すのもおっくうなので便利ズームとしてEF24-105mmF4を購入しました。家族旅行のときに荷物を減らせるし、レンズ交換しなくてもいいようにという理由もあります。

 開放F4というのは少し引っかかりました。F2.8より暗いレンズなんて使ったことありませんし。でも、街並み探訪時には絞って撮影することがほとんどですし、画角的にもこれ一本でまかなえるのではというもくろみもありました。

 Ee-Sをつけているのでどれくらい見にくくなるかと心配していましたが、構図の確認には支障はなさそうです。でもMFは厳しいですね。AF専門になりそうです。それならEe-Sをつけている意味がありません。EF24-105使用時には方眼スクリーンに交換したいところです。

 シャワーゴーストで回収になったこのレンズ、購入時に対策済み品であることを確認して購入。逆行で撮影するとこの通り…、

Shower

 確かにレインボーシャワー状にはなりませんが、逆光に弱すぎませんか?

 周辺部が流れると言われていましたが、絞って使うので気にならないレベルです。でも周辺減光は激しいです。特に24mmで撮るとこのように…、

Img_5126

 周辺減光でしょうか、ケラレでしょうか、よく確かめてませんが、とにかくこんな感じです。

 解像度は申し分ありません。中心部の解像度に比べると周辺は甘いですが、これはしょうがないでしょう。APSなカメラなら中心部のみを使って撮影できますね。線が太い描写なのは正直がっかりです。

 それよりやはり気になるのは歪みでしょうか。

24mm

 24mmです。歪みますねぇ。これで建築物を撮影してもいいものでしょうか。

 50mmでは糸巻状に。

50mm

 手振れ補正付きレンズって初めて使ったのですが、効果のほどはよくわかりません。無理なシャッタースピードで撮影すれば、やっぱり手振れします。魔法の機能ではないのですね。たぶん歩留りは上がっているのだと思うことにします。

 いろいろ書きましたが、やはり便利です。便利すぎます。これくらいの大きさなら持ち運びも気になりません。役に立ってるのかよくわかりませんがフードもコンパクトです。ズームを使うと写真がヘタクソになるなんていう妄言もありますが、単焦点で撮影していた人がズームを使えば使いこなしは簡単でしょう。ズームを使い出すと単焦点の制約がもどかしくなるときが多くなります。描写にさえ我慢できれば、ズームもいいものだと思います。そう、描写にさえ我慢できれば…。

 私はこのレンズすっかり付けっぱなしになってしまいました。やはり便利さには勝てません。

 
 

雨の週末

 天気は梅雨の曇り空、どこにも出かける気にならず一日が過ぎてゆく。曇りの日はドライブする気持ちも撮影する気持ちも盛り上がらない。明日の予報は雨だ。雨の日はドラマチックな写真が撮れたりもするのだが、いかんせん出かけるのがおっくう過ぎる。そうしてまた明日も部屋の窓からうらめしそうに空を見上げて一日を過ごすのかと思うと悲しくなってきた。思い切って出かけてみようか。明日…ではなく、いますぐに。明日の朝、雨が降っているとめんどくさくなってしまうのはいつものことだから。外は暗くなりかけていたけど、どこかの山の中まで行って、ひと晩車の中ですごし、明日は朝から行動しよう。

01

 翌日は予報どおり朝から雨、それもかなり強い降りだ。かさを持ってくるのを忘れていた。思い立ってすぐに出てきたので、着替えもタオルも忘れてしまった。カメラもレンズも防水ではないし。それでも周囲を心ゆくまで散策し、車で少し移動してまた美しい風景を求めて歩きまわる。心は静かに高揚している。来てよかった。雨の日には草木がしっとりとぬれ、靄がわきあがり、すべてのものが色濃くなる。世界は驚きと神秘に満ちあふれ、風景が、晴天の日にはみせない顔をみせてくれる。

02

 
 

Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (Y/C)

 名レンズ中の名レンズ、カールツァイスのプラナー50mmF1.4である。

 暖色系の発色で、コクのある色乗りの油彩のような写真が撮れる。

Yc50_2

 空気感、立体感、ボケ味などがすぐれているとされるこのレンズ、感覚的な言葉ではレンズの性能をよく理解できないが、実際に使ってみると、空気感や立体感にすぐれているというのがどういうことかよくわかる。光学的な性能よりも、感覚的な写りの良さを追求したレンズなのであろう。

Yc50_1

 デジタルカメラで撮影しても、妙にフィルムっぽい写真が撮れる。しかし、六角ボケはいただけないなぁ。

Img_3170

 開放より1~2段絞って撮るのが使いやすく、持ち味も生かせると思う。マニュアルフォーカスはまあいいとして、手動絞りはやはり使いにくいです。

 
 

コンタックスでコンタックスを撮る

 もしくは、カールツァイスでカールツァイスを撮る

G1

 いまさらですがG1買っちゃいました。

 オークションで安く手に入れたのだけど、ロム書き換えがされていなかった。そのうち銀座に持って行かなくっちゃ。

 
 

EF85mm F1.8 USM

 ピント面のシャープさとボケ味の美しさを併せ持つ銘レンズです。

Autumnday

 50mmをメインにしているので、もったいなくも出番の少ないレンズでもあります。

Winterground

 このレンズを初めてつけてファインダーをのぞいたとき、おっと前に出過ぎちゃったと思い、数歩うしろにさがりました。いつもは50mmで撮っているのでその感覚で立ち位置を決めていたせいですが、50mmと85mmだとその程度の違いしかないということでもあります。35mmと50mmだとあんなに違って見えるのに不思議です。

Ontheasphalt

 ポートレートでは標準の85mmも、風景写真では中途半端な焦点距離ですし、町並み撮影には長すぎて窮屈です。立ち位置の自由な公園内などでしか使い道がないのが残念です。

 
 

EF35mm F2.0

 極普通のレンズである。

Longperiod

 全てが並みの描写と、35mmという特徴の出しづらい焦点距離が相まって、印象の薄いレンズとなってしまった。

Topoftherock

 しかし、街角スナップや散歩写真には使いやすいレンズである。

Aplaceinthesun

 オートフォーカスがジーコジーコうるさく遅いのは改良してほしい。

 
 

EF50mm F1.4 USM

 突出してすぐれた点があるわけではないが、全ての面において平均以上の写りをしてくれる、実に使いやすいレンズである。

50mm14_f56

 レンズの特性として語られる特徴は、時には使い難さにもつながる。しかし、このレンズにはそんな個性はない。時には優等生的と揶揄されることもあるくらいだ。だがこれは、どんな状況でも信頼して使用できるということでもある。

Glasses

 しっかりしたピント面の描写とボケ具合の素直さ、自然な色合い、開放付近ではやわらかく絞ればシャキッと写る、という基本的な性能はバランス良くすぐれている。

Img_3947

 50mmという、かつての標準レンズでもあり、個人的に好きな焦点距離でもあるので、手放せないレンズのひとつとなっている。

 
 

SIGMA 24mm F1.8

 所有する唯一のシグマ製レンズである。寄れる広角ということで購入した。

Sigma24mm

 ズームと比べれば歪曲はましであるが、他の広角単焦点と比較したことがないので優秀さは判定しかねる。

Sunmarinahotel

 描写が固く、人工物を撮影すると目がチカチカするくらいシャープに写る。

 
 

水中撮影に挑戦

 今回、沖縄へ行くにあたって導入したのが水中撮影用キット、といっても本格的なハウジングは非常に高価であり、私が持っている一眼レフ用のものになると20万円くらいする。そんなものは買う気になれないので、コンパクトカメラを入れるビニール袋みたいなやつを買いました。

 これがほんとに厚めのビニール袋にジップロックがついているだけの、野菜を入れて冷凍しておくのに使うような、非常に頼りない代物である。使用に当たっては、カメラがだめになってもしょうがないなですませる度量が必要不可欠である。

 さて、覚悟を決めて水中へ。

Underwaterworld

 カラフルな魚はいっぱい泳いでいて、100枚近く撮ったのだが、まともに撮れているのは一枚も無かった。波で体が動くし、水中でじっとしていようにも体は浮き上がるし、魚はちょろちょろ動くし、ピントをあわせるのは不可能である。

Summersunshine

 ビニール袋の上からだと、どのボタンを操作しているのかよくわからず、モニターもなにが写っているのかよくわからない。

Underandabove

 ダイビングなら水中で静止できるからもう少しましな写真が撮れるかもしれないが、素もぐりでは無理である。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 北海道 | 02 青森県 | 03 岩手県 | 04 秋田県 | 05 宮城県 | 06 山形県 | 07 福島県 | 08 茨城県 | 09 栃木県 | 10 群馬県 | 11 埼玉県 | 12 東京都 | 13 千葉県 | 14 神奈川県 | 15 新潟県 | 16 長野県 | 17 山梨県 | 18 静岡県 | 19 愛知県 | 20 岐阜県 | 21 三重県 | 22 富山県 | 23 石川県 | 24 福井県 | 25 滋賀県 | 26 京都府 | 27 奈良県 | 28 大阪府 | 29 和歌山県 | 30 兵庫県 | 31 岡山県 | 32 広島県 | 33 鳥取県 | 34 島根県 | 35 山口県 | 36 香川県 | 37 徳島県 | 38 愛媛県 | 39 高知県 | 40 福岡県 | 41 佐賀県 | 42 長崎県 | 43 大分県 | 44 熊本県 | 45 宮崎県 | 46 鹿児島県 | 47 沖縄県 | A. 城下町・陣屋町 | B. 宿場町・街道町 | C. 商人町・在郷町 | D. 産業町・鉱山町 | E. 門前町・寺内町 | F. 港町・漁師町 | G. 農村・山村 | H. 温泉町・観光町 | I. 城跡 | J. 神社・仏閣・宗教施設 | K. 古民家・邸宅 | L. 木造校舎・木造洋館 | M. 祭り | N. 中華街 | O. 現代都市 | P. 廃墟 | Q.遊廓・茶屋街・繁華街 | R. その他の町並み | TREK 8.4DS | ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 | ② 奥秩父・大菩薩 | ③ 富士・御坂・都留・道志 | ④ 八ヶ岳 | ⑤ 南アルプス | ⑥ 北アルプス | ⑦ 中央アルプス | ⑧ 上信越 | ⑨ 北関東・尾瀬 | ⑩ 南関東・丹沢 | ⑪ 東北・北海道 | ⑫ 北陸・東海・近畿 | ⑬ 中国・四国・九州 | ⑭ 登山 その他 | カメラ・写真 | ダホン Speed P8 | フィガロ | フェレット | レトロ喫茶 | 夕景・朝景 | 夜景 | 富士山 | 日常 | 東日本大震災 | 生き物 | | 風景 |