Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「② 奥秩父・大菩薩」の68件の記事

雁ヶ腹摺三兄弟

南大菩薩には、雁ヶ腹摺と名付けられた山が三つあります。

雁ヶ腹摺山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山、そして笹子雁ヶ腹摺山。
牛奥、笹子というのは、元祖雁ヶ腹摺山と区別するための麓の地名で、どれもが雁が腹を摺る山であります。

雁は山を越えて飛ぶとき、腹を摺るほど低く飛び、あるいは足を着き歩いて超えるといいます。雁が腹を摺るほど低く飛んで超える山、それがこの雁ヶ腹摺山というちょっと変わった山名の由来です。

Img_8442

続きを読む "雁ヶ腹摺三兄弟" »

日本一長い名前の山

日本一高い山は富士山。
日本一長い川は信濃川。
日本一大きい湖は琵琶湖。

では、日本一長い名前の山は?

Img_7673

続きを読む "日本一長い名前の山" »

緩やかに山に浸る

先週は長い距離を歩いたので、今週は重い荷物を担いで登ろう。

長い距離を歩くだけではなかなかつかない脚力も、重い荷物を背負って登ると有効に鍛えられます。それに、来週のテント泊縦走に備えて、重い荷物に体を慣らしておかなくちゃなりません。

いつもの倍の水に、食材と調理器具をザックに詰めて出発です。観音峠から曲岳、升形山、黒富士、太刀岡山と登る予定です。

Img_5670

続きを読む "緩やかに山に浸る" »

お山のPDCAサイクル

ちょうど一年前、朝から夕方まで一日中ずっと雨の北八ヶ岳を歩きました。雨だとわかってて行ったのです。一日中ずっと雨の中を歩くとどんなだろうと思って。

実際に歩いて初めてわかることも多かったです。ウェアの透湿性だったり、ザックやサコッシュの防水性だったり、電子機器の耐水限度だったり。蒸れや濡れの対策、歩き方や休憩の取り方、どんな食べ物や飲み物が欲しくなるかなども。

やはり知識や情報だけでは経験の蓄積は補えないんだなと実感しました。見たり聞いたりするだけで試さない奴はバカだと本田宗一郎も言っています。試したうえで改善点や、より自分に合った方法を考え実践していく以外にスキルアップの手段はありません。まさにPDCAサイクルです。

仕事ではよくPDCAサイクルを回し続けるのが重要だとか言ってますが、仕事以外だってもちろんそうです。いや、仕事はもらうお金に見合ってると自分が考える程度にしかしなくても、遊びは全力で取り組むべきでしょう。

今回はさらに一歩進んで、雨の中のテント泊を計画しました。雨の中での設営撤営、食事のしたくやトイレなど生活技術も、実際にやってみないとわからないことは多いはずです。

Plan! Do! Check! Action! 行ってきます!

Img_3579

続きを読む "お山のPDCAサイクル" »

Heart of the Okuchichibu

けっこうしばしば、つまんない山って言われちゃう甲武信ヶ岳。

確かに槍や穂高のような、だれが見てもひと目でわかる万人向けのわかりやすさはないけれど、味わい深い良い山です。

まあ、地味ではありますが。

甲武信の良さは、有名パティシエのオシャレなスイーツとは対極の、かめばかむほど味が出る酢昆布の味わい。

Img_6063

続きを読む "Heart of the Okuchichibu" »

そうだ、ヒリヒリしに行こう!! 〜 木賊編

第三岩峰から先は、山の雰囲気がガラッと変わります。

ここからはヤブとルートファインディングの道。ワンミスで大ケガする緊張感との戦いのここまでの道とは打って変わって、じりじりと精神力を削り取られる消耗戦が始まります。

Img_3395

続きを読む "そうだ、ヒリヒリしに行こう!! 〜 木賊編" »

そうだ、ヒリヒリしに行こう!! 〜 鶏冠編

来たよ来た来た。これだよこれ。求めてたのは、この感覚。

樹林帯の急登を登り切ると、目の前にはこれから歩くシビれる稜線。岩場の上り下りをくり返して進む先には、鶏冠山第三岩峰が真っ直ぐ聳えています。

ヤバいとこ来ちゃったな。ワクワク感とドキドキ感とキュッと身が引き締まる思いとでいっぱいになります。

Img_3373

続きを読む "そうだ、ヒリヒリしに行こう!! 〜 鶏冠編" »

奥秩父の深い森

植林の樹林帯をひたすら上り、カヤトの原を突っ切って、岩岩な登山道をよじ登り。

まずは乾徳山を目指します。

Img_2757

続きを読む "奥秩父の深い森" »

家から歩いて八ヶ岳!!

いろいろ便利なヤマレコですが、とにかく素敵に素晴らしいのが、いままでに歩いた軌跡を一枚の地図で見せてくれる全ルート地図です。

これは美しい。美し過ぎます。この地図を眺めてるといつまでも飲めます。この地図の赤線を繫げ、延ばしていくために、せっせとヤマレコを更新してると言ってまちがいありません。

自宅から高尾山へ登り、そこから主脈縦走して延びる赤線ルートも、昨年ようやく金峰山まで到達しました。

そして今年は、いよいよ八ヶ岳です。

奥秩父と八ヶ岳を繋ぐのです。

家から歩いて八ヶ岳です。

全ルート地図の左上の空白区間を繋ぐために、いざ出発です。

Screen1

続きを読む "家から歩いて八ヶ岳!!" »

秀麗富嶽12景 三連敗

空には分厚い灰色の雲。立ち昇る朝靄で頂は見えない。

天気予報は晴れだったのに…。信じて来たのに…。

Img_1965

続きを読む "秀麗富嶽12景 三連敗" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 北海道 02 青森県 03 岩手県 04 秋田県 05 宮城県 06 山形県 07 福島県 08 茨城県 09 栃木県 10 群馬県 11 埼玉県 12 東京都 13 千葉県 14 神奈川県 15 新潟県 16 長野県 17 山梨県 18 静岡県 19 愛知県 20 岐阜県 21 三重県 22 富山県 23 石川県 24 福井県 25 滋賀県 26 京都府 27 奈良県 28 大阪府 29 和歌山県 30 兵庫県 31 岡山県 32 広島県 33 鳥取県 34 島根県 35 山口県 36 香川県 37 徳島県 38 愛媛県 39 高知県 40 福岡県 41 佐賀県 42 長崎県 43 大分県 44 熊本県 45 宮崎県 46 鹿児島県 47 沖縄県 A. 城下町・陣屋町 B. 宿場町・街道町 C. 商人町・在郷町 D. 産業町・鉱山町 E. 門前町・寺内町 F. 港町・漁師町 G. 農村・山村 H. 温泉町・観光町 I. 城跡 J. 神社・仏閣・宗教施設 K. 古民家・邸宅 L. 木造校舎・木造洋館 M. 祭り N. 中華街 O. 現代都市 P. 廃墟 Q.遊廓・茶屋街・繁華街 R. その他の町並み TREK 8.4DS ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 ② 奥秩父・大菩薩 ③ 富士・御坂・都留・道志 ④ 八ヶ岳 ⑤ 南アルプス ⑥ 北アルプス ⑦ 中央アルプス ⑧ 上信越 ⑨ 北関東・尾瀬 ⑩ 南関東・丹沢 ⑪ 東北・北海道 ⑫ 北陸・東海・近畿 ⑬ 中国・四国・九州 ⑭ 登山 その他 カメラ・写真 ダホン Speed P8 フィガロ フェレット レトロ喫茶 夕景・朝景 夜景 富士山 日常 東日本大震災 生き物 風景