Twitter

ヤマレコ

  •  

LINK

カテゴリー「③ 富士・御坂・都留・道志」の51件の記事

どれだけ歩き続けたら、たどり着けるのだろう

北アルプスから帰ってきてから、なんだか気持ちが晴れない。なんというか、なんともやる気が出ない。

仕事のやる気はもともとないが、山に登る気にもならない。無理やり登ろうと思うも、近場の低山では気が進まない。近場の低山だって楽しくないわけではないが、五日間の縦走のあとでは、なかなか日帰りハイキングの気分にはならない。

Img_1200

続きを読む "どれだけ歩き続けたら、たどり着けるのだろう" »

山の神様の千本の桜

麓から山頂へ、何度か折れ曲がって続く登山道。その登山道に沿って植えられた桜の木。春になるといっせいに咲く桜の花が、青空の下の緑の山肌にピンク色の帯となっています。

そんな写真を見たとき、ここに行ってみたいなと思いました。

場所は山梨県中央市、「山の神 千本桜」という名前も素敵です。

Img_0211

続きを読む "山の神様の千本の桜" »

地図の罪

春日沢ノ頭を超えて鞍部へと下ると、未舗装の林道と合流しました。

すぐ先の林道終点には電波塔があります。この電波塔の管理のために作られた林道なのでしょう。

Img_9896

続きを読む "地図の罪" »

新雪の稜線ひとり旅

えっ、またかよ…。

山頂から先の稜線に踏み跡はなかった。先週に続いてまたまた今週もラッセル縦走のようだ。

麓の道志村から、ここ赤鞍ヶ岳へはピストンした人がいるようだった。棚ノ入から赤鞍ヶ岳の山頂を通って厳道峠方面へも、だれかひとり物好きが縦走したようだ。しかし菜畑山方面は真っさらの白い稜線。こっちのほうがメインの縦走路だから、だれかひとりくらい歩いてるだろと考えて来たのだが、どうやらそのだれかひとりに自分がなるようだ。

Img_9467

続きを読む "新雪の稜線ひとり旅" »

This's the way to go

あー、やっぱり。
山頂から先はトレース無いかなと思ってたけど、やっぱり無かった。

四尾連湖から蛾ヶ岳までは、しっかりしたトレースが付いていた。きっと降雪後に山荘の人が付けたのだろう。しかしそれも山頂までで、その先の稜線は全く歩かれてなかった。

ここから釈迦ヶ岳を通って三方分山まで行き、もどってくる予定だ。

ここまでにしておこうかな、と一瞬考えた。ここまでで下山して、温泉に入って、なにか美味しいもの食べて…と考えることは時々ある。しかし考えるだけで、実行したことはない。そんなことしても楽しくないのはわかってるからだ。

Img_9364

続きを読む "This's the way to go" »

雨と肉と低山

「ドラえもんと同じだから」

何度もそう聞かされてたので覚えてましたとも、K女史の誕生日を。

で、今年はドラえもん(とK女史)の誕生日が土曜日だったので、いっしょに山へ行くことになってたのですが、あいにくその日はわたくしが仕事になってしまいました。

が、「次の日でもよい」というありがたいお言葉により、ドラえもん(とK女史)の誕生日翌日に、とりあえずどこか山に登って御生誕祭を祝うこととなりました。

いちおう誕生日なので、行きたい山の希望を聞いてみます。

「高尾山でビアマウント、それから立川で誕生日プレゼントの買い物して…」

却下です。てか、それ山じゃないでしょう…。

「えー、だってビアマウント行ったことないし〜」

ダメです。却下です。そういうことじゃありません。高尾山は山ではなく寺です。それにK女史に昼から飲ませたら危険すぎます。酔っ払ったK女史とプレゼントの買い物なんて自殺行為です。

行き先は一任していただき、どうせ天気も良くなさそうだからそのへんの低山でということにして、適当に九鬼山から登ったことのない御前山へと決めました。歩いてみたいけど、中途半端に距離が短いので後回しになっていたルートです。はい、K女史の誕生日は関係ありません。まあ、どこでもいいと言っていたので、どこでもいいのです。

Img_6424

続きを読む "雨と肉と低山" »

ひとりの山は深い

だれにも会わない山は楽しい。道が適度に荒れていると、さらに楽しい。道がなかったら、それもそれで楽しいけど、それはちょっと別の楽しみになるから、適度に荒れてるくらいがちょうどいい。

連休最終日の混雑を避け、遊び過ぎて疲れた体と相談し、適度に楽しめて適度な距離のところということで、笹子峠から達沢山まで行くことにした。
おそらくほとんど人に会わないだろう。道も整備されすぎてないはずだ。

Img_2409

続きを読む "ひとりの山は深い" »

「なんとなく」の効用

顔を上げると、目の前に広がる笹原を包み込む青い空。

あー、失敗したかな~

なんとなく天気があまり良くなさそうな気がして、なんとなく高い山はやめにして、近場で低めの山に変更してきたのだ。

Img_0686

続きを読む "「なんとなく」の効用" »

生き延びる自分を経験すること

鋭く尖った岩峰を巻くように付けられたトラバース路が、道の途中で完全に崩落していた。

これは...どうやって進むか...。

いや、どうやってなどと考える余地はない。選択肢はない。空に突き刺さるかのようにまっすぐ聳える岩峰を登って向こう側へ降りるのは不可能だ。トラバース路が落ちてる部分は岩にへばりついて超える、それしかない。

引き返そうか...一瞬そう考えた。しかし、ここまですでにかなりの距離、崩壊地を登ってきている。あの崩れかけた岩場を下るのは考えたくない。

大きく足を伸ばし、比較的大き目で安定してそうな岩の出っ張りにつま先を乗せ、崩れないようにと祈りつつ、恐る恐る体重をかける。

壁に沿って張ってあるボロ雑巾のような古いロープが頼りである。命を預けるには不安だが、雪に埋もれた頼りないホールドを掘り起こしつつ進むよりはマシだろう。上半身が自由に動かせるだけで、安定感がかなり増す。

ロープを軽く引き、抜けないことを確かめて力を入れる。足の下は、谷底までまっすぐ切れ落ちている。足元のもろい岩の出っ張りが崩れれば、崖の途中でロープにぶら下がることになる。そのロープが抜けるか切れるかしたら、真っ逆さまに墜落だ。

なんでこんなことになったんだ...と嘆いてみても、その理由は自分が一番よく知っている。これは、自らが場面場面で下してきた選択の結果なのだ。

Img_0396

続きを読む "生き延びる自分を経験すること" »

夢のあとさき - 後編

六畳一間トイレ共同の安アパートが、青春時代のK女史の城でした。

大家さんは隣りに住んでいて、夫婦と小学生の子供四人で賑やかに暮らしてました。子供たちと仲良くなったK女史は、遊び相手になったりもしていました。

「なんかね、大家さんの家庭を見てたら、こんな暮らしもありなんだなって思ったな」

○十年前の田舎の子沢山の家庭ですから、それほど裕福ではなかったかもしれません。九部屋のアパートとガソリンスタンドを経営して、一家六人の生計を立てていました。

早朝からガソリンスタンドを営業してほしいというお客さんの要望が多く、でも大家のおじさんはそんな朝早くからは無理だということで、早朝6時から8時まで、K女史が大家さんのガソリンスタンドでアルバイトすることになりました。

小さな町ですし、お客さんは常連ばかりです。すぐにみなと親しくなり、そんな中のひとり、椎茸栽培の中野さんといっしょに山へ椎茸取りに行ったりもしたのでした。

「いまでもガソリンスタンドやってるかなぁ」

どうでしょうね。ガソリンスタンドってけっこう閉店してますからね。

「そうだよね…」

Img_9800

続きを読む "夢のあとさき - 後編" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 北海道 | 02 青森県 | 03 岩手県 | 04 秋田県 | 05 宮城県 | 06 山形県 | 07 福島県 | 08 茨城県 | 09 栃木県 | 10 群馬県 | 11 埼玉県 | 12 東京都 | 13 千葉県 | 14 神奈川県 | 15 新潟県 | 16 長野県 | 17 山梨県 | 18 静岡県 | 19 愛知県 | 20 岐阜県 | 21 三重県 | 22 富山県 | 23 石川県 | 24 福井県 | 25 滋賀県 | 26 京都府 | 27 奈良県 | 28 大阪府 | 29 和歌山県 | 30 兵庫県 | 31 岡山県 | 32 広島県 | 33 鳥取県 | 34 島根県 | 35 山口県 | 36 香川県 | 37 徳島県 | 38 愛媛県 | 39 高知県 | 40 福岡県 | 41 佐賀県 | 42 長崎県 | 43 大分県 | 44 熊本県 | 45 宮崎県 | 46 鹿児島県 | 47 沖縄県 | A. 城下町・陣屋町 | B. 宿場町・街道町 | C. 商人町・在郷町 | D. 産業町・鉱山町 | E. 門前町・寺内町 | F. 港町・漁師町 | G. 農村・山村 | H. 温泉町・観光町 | I. 城跡 | J. 神社・仏閣・宗教施設 | K. 古民家・邸宅 | L. 木造校舎・木造洋館 | M. 祭り | N. 中華街 | O. 現代都市 | P. 廃墟 | Q.遊廓・茶屋街・繁華街 | R. その他の町並み | TREK 8.4DS | ① 奥多摩・高尾・奥武蔵 | ② 奥秩父・大菩薩 | ③ 富士・御坂・都留・道志 | ④ 八ヶ岳 | ⑤ 南アルプス | ⑥ 北アルプス | ⑦ 中央アルプス | ⑧ 上信越 | ⑨ 北関東・尾瀬 | ⑩ 南関東・丹沢 | ⑪ 東北・北海道 | ⑫ 北陸・東海・近畿 | ⑬ 中国・四国・九州 | ⑭ 登山 その他 | カメラ・写真 | ダホン Speed P8 | フィガロ | フェレット | レトロ喫茶 | 夕景・朝景 | 夜景 | 富士山 | 日常 | 東日本大震災 | 生き物 | | 風景 |